面接の対応

面接の対応

アルバイトを始めるにあたり、当然ですが面接があります。

面接を通らなければバイトができないわけですが、
面接の対応方法を少し書きたいと思います。

というのも、私自身アルバイトの面接をしていた経験があり、
かなりの数の面接を行ってきました。

就職の面接とは違い、アルバイトの面接は、定員がいっぱいになっていない限り、最低限のことをしていれば合格する確率が高いと思います。

「最低限」とは、あいさつ、服装、言葉遣い、態度など、
ごく一般的なビジネスマナーができていれば良いという事です。

あとは、時間・日数的な都合での不合格や、
時給や給料的な問題で落とされることはあると思いますが、
時間・日数・給料面で問題がなければ、私の場合はその人の人間性というか、面接時の対応・態度で合否の判定をしていました。


アルバイト面接においては、あまり緊張しすぎないように、
平常心で挑むことも大切になります。

はっきりとした声であいさつ・受け答えをして、質問に的確に応え、姿勢を正し挑みましょう。


詳しくは、専門のサイトを作りましたので、そちらを参考にしてみて下さい。
一応私個人の考えですので、参考程度に読んでくださいね。

⇒アルバイトの面接navi

アルバイトの面接を採用側から考えてみたサイトです。
アルバイトの面接のポイントや注意点、実体験から本当にあった出来事など、
幅広く紹介しています。

アルバイト面接において参考になるように心がけて作成しましたので、
ごゆっくりご覧いただければと思います。